お金借りる 審査

キャッシングを利用するときに、審査で会社にどのくらいの間勤めているか?という勤続年数が大切だということは多くの方が知っているのではないでしょうか?

 

これは非常に重要で、多くの会社では、間違いなく見ているポイントとされています。ただ、勤続年数が重要と言われても、どれくらい必要なのか?というのは知らないかもしれません。長ければ長いほど良いのではないか?と思うかもしれませんが、長くてもそんなに良いというわけでもないのです。

 

短いよりは長い方が絶対に良いですけど、概ね3年を越えていると、あとは評価は一定というか、そんなに変わらないとされているのです。3年というのは、普通に勤務していれば、容易に達成できそうな年数です。転職をしたりしていなければいずれ到達するでしょうし、すでに達成している人も多いはずです。

 

3年以上あれば、少なくとも勤続年数においてはマイナス評価されることはまずないと言って良いでしょう。ただ、3年ないとダメというわけではありません。3年はベストの数字であり、最低1年以上あれば、借りられる可能性は結構膨らみますから。

 

3年あればなお良いのですが、最低1年はないと審査においてマイナス評価される可能性はあると思った方が良いでしょう。