お金借りる 審査

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りたい場合は、一定の条件を満たすことが必要となります。業者によって細かな利用条件の違いがありますが、共通していることは20歳以上で安定した収入があると言うことです。安定した収入があれば正社員ではなくても、パートやアルバイトあるはい派遣社員の方も融資を受けることが可能です。

 

このように融資を受けるには返済が出来るだけの収入が必要となりますが、実は収入が無くても融資を受けられる方がいます。それは専業主婦の方で、全く収入が無くてもお金を借りることが可能です。なぜ収入の全く無い専業主婦の方が、お金を借りることが出来るのかと言いますと、配偶者である夫の収入を審査の対象としているからです。その為、夫に安定した収入があれば妻もキャッシングやカードローンを利用することが可能です。

 

ただし利用限度額に関しては、各社とも30万円や50万円などかなり抑え目に設定されています。また専業主婦が融資を受ける場合は、銀行から融資を受けることが必要となります。消費者金融からの融資は、貸金業法の総量規制の対処となりますので、年収の3分の1以下の金額までしかお金を借りることが出来ません。従って、収入がゼロの専業主婦が借りられる金額も必然的にゼロとなってしまいます。

 

消費者金融でも配偶者貸付を利用すれば、専業主婦の方でも融資を受けることが可能ですが、同意書や住民票を準備する必要があるなど手間がかかってしまいます。一方、銀行は総量規制の対象外ですので、配偶者である夫に安定した収入があれば、容易に融資を受けることが出来ます。