キャッシングの限度額

キャッシングの限度額といっても二つの意味があります。

 

一つは法律的に貸すことができる限度額、ということともう一つがその業者が設定をする一人一人の限度額という意味です。この二つの意味がありますから、両方のことをよく理解しておきましょう。

 

一つ目の法律的に貸すことができる限界、限度額というのは年収の三分の一になります。

 

これを消費者金融、つまりは貸金業法が適用される場合においては定められている数字になります。要するに年収が300万円であれぱ100万円が限度となります。

 

しかし、業者がそこまで限度額を設定しないといけない、という法律ではありませんからそこまで貸してもらうことができるのかは別問題になります。

 

では、業者が設定する一人一人の限度額とは、となりますがこれは不定です。高くなることもありますし、下げられることもあります。大抵は最初は10万、20万円程度になることが一般的です。

 

しかし、これは本当にその人の金融信用情報次第でもありますから、年収何千万円の人が申し込めばそれはかなり信用度が高いですし、他からの借り入れがないのてあれば高いところでは何百万円という設定がされることもあるでしょう。まさに人次第になります。

 

しかし、法律的なキャッシングの限度額は年収の三分の一になります。