お金借りる 審査

キャッシング申し込みの本人確認

キャッシングに申し込みをする際には、本人確認書類が必要となります。webで申し込みする際の本人確認はスキャンしたものやカメラでとったものを画像化したもので送信することで送ることが出来ます。

 

確認書類としては、運転免許証、パスポート、健康保険証など期限内のものが有効となっています。郵便でキャッシングを申し込みする際の本人確認書類は、コピーを送付することにより申し込みをすることが出来ます。運転免許証などは記載が裏にある場合にはきちんと裏のコピーもしなければならないという決まりがありますので見落とさないようにして申し込みをすると良いでしょう。

 

郵送の場合もパスポート、健康保険証でのコピーで申し込みをすることが出来ますが、パスポートは住所および写真のページをコピーしなくてはなりません。店頭や自動契約機での申し込みの場合も、基本的には本人確認書類は同じで、運転免許証、パスポート、健康保険証などが本人確認書類となります。住所が異なる場合には新しい住所が確認できるものを持参する必要がありますので、あわせて持参するようにしましょう。

 

このように申し込み方法はいくつかありますので本人確認書類をきちんとそろえた上でお好きな形で申し込みをするといいでしょう。

 

 

プロミスATMで駅の周辺でキャッシング※即日融資も可能です
http://www.tobyspropellers.com/

審査を通過するために注意しておく事

消費者金融は即日融資に対応しているので今すぐお金が必要で急いでいるという人がよく利用しています。しかし即日融資を受けるにしてもその前の審査を通過しないと利用する事は出来ません。審査を通過するためには注意しておかなければいけない事がいくつかあります。

 

消費者金融を申し込む時に個人情報、勤務先、借入件数などの情報を記入しますがそこでウソの申告は絶対してはいけません。審査で勤務先に直接電話する在籍確認や借入件数の確認などをあるのでウソをついてもすぐにバレてしまいます。ウソをつく事によって業者からの信頼もなくなってしまって審査で落とされてしまう可能性もあります。いくら急いでいるからといっても自分の情報は正確に記入しないといけません。

 

ウソの申告の他に記入ミスも審査に影響してくる可能性があります。少々の記入ミスでしたら大目に見てくれますが、あまりにも記入ミスが多すぎてしまうと業者も疑いの目で見てしまいます。それによって審査に落とされてしまう可能性があるので注意しないといけません。

 

消費者金融の審査は24時間回答可能と宣伝されている事がありますが実際は申し込み方法によって変わってきます。電話の申し込みの場合は24時間審査の回答可能なのですが、店舗、無人契約機、ホームページからの申し込みは営業時間内までです。そのため時間外になってしまうと翌日になってしまうので即日融資を希望している人は注意しておかなければいけません。

カードローンの選び方と効果的な返済方法

カードローンを選ぶうえで重視するポイントは人によって違いがあるものの、基本的な考え方となるのは「如何に返済を楽にできるのか」という点です。つまりは「どれだけ低い金利で借入れが出来るのか」という事に繋がるのですが、金利が低いカードローンというのはそれだけで非常に大きなメリットになります。

 

金利が低い場合、同じ金額を返済した時に金利が高い場合よりも多く元金に充当されることになります。例えば、毎月利息が1万円発生するカードローンと、千円しか発生しないカードローンとでは返済金額が同じ場合には後者の方が多く元金を減らすことが出来ます。単純計算で9千円多く元金が減るという事は、18%金利で利用している場合には千円以上の利息を削減できるという事に繋がります。毎月それだけの金額を節約することが出来れば、年間では1万円以上の節約につながるだけでなく、完済までの期間を短くすることにもなってきます。

 

カードローンを利用していく上で強く意識する必要があるのが「返済期間」に関してです。どれだけ早く(少ない回数)完済することが出来るのかが非常に重要で、返済回数が少なければ少ないほど支払い総額は少なくなります。返済回数が多くなれば返済総額も増えていく為、必然的に返済の負担・労力が大きくなってしまうのでリスクも増えていきます。

 

出来る限り低い金利設定をしているカードローンを利用し、出来る限り少ない返済回数で完済できるようなプランを立てることが、カードローンを賢く利用する為のポイントです。

利息を左右する主たる2つの要素

キャッシングの利息には、色々な要素が関わってきます。

 

まず金融会社です。お金を借りることができる業者にも色々あるのですが、それぞれ手数料などに関して異なるルールを採用しています。

 

一般的には、銀行は利息を低めに設定している事が多いです。賃金業者などは年間18%前後の利息にしている事例も多いですが、銀行はそれよりも低めになっているのです。このため借りる時のコストを抑えるために、銀行を選ぶ選択肢もあります。

 

ただし賃金業者でも、まれに独自の利息サービスを提供している事があります。一定期間内に返済をした時には、利息をゼロにしている金融会社も見られるからです。

 

このように金融会社によって利息が異なってくる訳ですが、その他にも借りられる限界額もそれに関わってきます。そもそも金融会社から借りる事ができる金額には、限界があります。いわゆる限度額を設定する事になりますが、その高低によって金利も変わってくる訳です。

 

例えば限度額が50万の方の場合は、利息が18%だとします。それに対して100万の方ですと、17%台などの具合です。多く借りる事ができる方々は、それだけ手数料を低めに設定されている訳です。

 

ちなみにその限度額は、キャッシングの利用頻度などに左右される事もあります。利用頻度が多い方などは、金融会社としても優遇をするので、限度額を引き上げてくれる事もあります。

 

このようにキャッシングの利息は、金融会社のルールと限度額という2つの要素に左右される訳です。